西ネグロス州

”ネグロス”は浅黒い肌の人が由来となっています。ネグロス島はもとは「ブグラス」と呼ばれていました。最も初期の住民の中には、ユニークな文化を備えたネグリトのエスニック・グループに属する浅黒い肌の人がいました。スペイン人は、1565年4月に島へ最初に来た時、彼らが見た黒人の人に由来し、後に土地を「ネグロス」と呼びました。最も初期の在来の居留地のうちの2つは、それぞれビナルバガンとイログでした。他の居留地は、ヒニガラン、バゴ、マラヨ、ママラン、カンダグイットでした。 島のエンコメンデーロを指定した後に、ミゲル・ロペス・ド・レガスピはパナイでネグロスをオトンの知事の管轄の下に置きました。政庁所在地はその後ヒママイランに転送されました。 島は19世紀中頃、未だ軍管区のままでした。 19世紀の後半は、イロイロ、アンティーク、セブのような近隣の田舎の出身の移民の流入に起因する人口の成長によって証拠づけられるようなネグロス西洋人の高度経済成長の期間でした。また、これはニュータウンの設立に帰着しました。

フィリピンの縮図

現在フィリピンはあまり治安が良くありません。西ネグロス州にあるネグロス島はフィリピンが現在置かれている貧富の差が激しい状況をそのまま小さくまとめたような島である。昔植民地だった頃の名残が未だに解消されていないのである。1970年代にはこの貧富の差が原因となって、紛争が起きたこともある。その紛争の際に難を逃れようと避難した人たちが大勢いたが、30年近く経った現在でも内戦で破壊された村が元に戻ることはなく、ここに戻れないでいる人達が少なからずいる。民主革命の政策で包括的農地改革法を制定したが、未だに貧富の差は縮まらずにいる。

税理士 紹介 大阪バーベキュー 40 6/4

西ネグロス州 | 地理学 | 砂糖 | 文化 | サイトマップ

Copyright © All rights reserved.西ネグロス州.